交通事故の示談交渉は弁護士に相談

交通事故というものは、自分で車を運転する際に注意していたとしても、不意に巻き込まれることもあり、遭遇しないとは言い切れません。そのような交通事故に遭遇してしまった場合、交通事故の被害者となったのならば、加害者と示談の交渉をすることになるでしょう。

めったに遭遇することのない交通事故の示談交渉を相談すべき相手について説明します。

⇒長崎で交通事故の相談をするなら


交通事故に巻き込まれたら示談交渉が必要となる

交通事故に被害者として巻き込まれてしまった場合、その事故の状況にもよりますが、様々な被害をこうむります。自身の乗っていた車の破損を修理、あるいは買いなおさなければならない状況となることもあれば、むち打ちや骨折などといった様々な怪我をする可能性も大きいです。

これらの被害から、回復しようとすると多大な費用が掛かり、生活の大きな負担となってしまいます。その負担を少しでも軽減させるためには、交通事故の加害者と示談交渉をして損害賠償金を受け取ることが必要です。どれだけの損害賠償金を受け取ることができるかは、交通事故の被害の程度と交渉の内容によります。

しかし、この交渉も怪我の治療をしているような場合は、自分ですることができません。また、交渉のための専門的な知識がなければ自分に有利に交渉を進めることも難しいです。そのため、弁護士や保険会社といった第三者に交渉を代理してもらえるように依頼することが必要となります。

加害者側の保険会社交渉員は被害者の味方ではない

交通事故における示談交渉は、交通事故の加害者本人と行うことはほとんどありません。おおよその場合は、交通事故の加害者が加入していた保険会社の交渉員が加害者の代理人となって行うこととなるでしょう。交通事故の被害者であるならば、保険会社の交渉員も被害者に有利になるように交渉を進めてくれると考えるかもしれませんが、そのようなことはありません。

加害者側の保険会社の交渉員であるため、できるだけ損害賠償金額が少なくなるように交渉してくることが基本です。その交渉方法も、早急に少ない損害賠償金額で示談を終わらせようとして、威圧的な態度でもって接してくるということはほとんどありません。

交渉のプロとして、示談のためのキャリアや技術を積んできており、穏やかで信用できる印象を与える交渉をしてくるでしょう。交渉の素人ならば、保険会社の交渉員の態度を信頼して、不利な条件にもかかわらず応じてくれる可能性が高いです。

もし、被害者側に交通事故の示談に関する知識があれば、不利な交渉に乗ることはないかもしれませんが、そのようなことはほとんどありません。加害者側の保険会社交渉員は、決して被害者の味方ではないため、プロに相談しなければ損をしてしまうでしょう。

保険会社に示談交渉の代理を依頼すると

交通事故の示談交渉は、被害者本人ではなく第三者に代わりに行ってもらうことが可能です。その第三者の候補のひとつが、被害者が加入している保険会社といえます。自動車の保険会社には、示談代行制度というものがあります。

保険会社に存在する示談代行制度とは、保険会社のスタッフが被保険者に代わって、交渉相手との示談を行ってくれるという制度です。基本的に、示談交渉の代理を依頼する費用は無料であり、示談交渉にかかわるすべての手続きを代行してくれるため、被保険者は怪我の治療に専念できるほか精神的な負担も軽減させることができます。

しかし、この示談代行制度は万能ではなく、デメリットもあるので注意が必要です。示談代行制度は、基本的に被害者に過失が全くない場合には利用することができません。被保険者が保険を利用する状況でなければ、使用することができないといったデメリットがあります。

また、示談代行制度では、示談交渉で損害賠償金額を多くとるということよりも、交渉を早期に終わらせるということを重視することがあります。そのため、過失割合の話し合いにおいて、多少被害者にとって不利な条件でも妥協してしまうことがあり、納得できないまま交渉が終わってしまう可能性があるという点もデメリットといえるでしょう。

弁護士に依頼するメリット・不利な状況を作らない

示談交渉の代理を依頼する第三者の候補として最も活躍する存在が弁護士です。弁護士に示談交渉の代理を依頼することには、様々なメリットがありますが、そのひとつが示談交渉や通院といった交通事故が始まってから終わるおおよその過程において、被害者に不利な状況を作り出さないということがあげられます。

交通事故が起こった場合、加害者側とその保険会社はできるだけ賠償金額を少なくするために、交渉において様々な手段をとってきます。交渉の素人である被害者だけでは、その話術に押し流されて、不利な交渉となってしまうこともありますが、弁護士がいれば被害者に有利な状況を常に作り続けてくれます。

また、交通事故の治療を受けていると、その治療が長期化すればするほど相手の保険会社から治療費の打ち切りや状況固定といった連絡が入ることがあります。この連絡を受け入れてしまうと、十分な治療を受けることができず、体に障害を抱えて過ごすことになりかねません。

弁護士は、このようなことも防ぎ、依頼者にとって最適な治療状況を作り出してくれます。このように、弁護士は依頼人に不利な状況を作り出さないので、精神的な安心感も大きいです。

弁護士に依頼するメリット・損害賠償額の増額

弁護士に示談交渉の相談をすることのメリットは、損害賠償金額の総額を見込むことができるという点です。損害賠償金額の指標には、自賠責基準の金額と任意保険基準の金額、そして弁護士基準の金額というものがあります。

この中でより多くの賠償金がもらえる可能性が高いものが弁護士基準です。相手の保険会社の交渉員は、できるだけ損害賠償金額を少なくするために交渉してくるので、被害者本人で弁護士基準の賠償金を受け取ることができるようにすることは非常に難しいです。

その点、弁護士に依頼すれば、弁護士は過去の判例などをもとにして弁護士基準でもって交渉をしてくれます。賠償金額を適性かつ有利に交渉してもらうことができるという点が、メリットです。

弁護士に依頼するメリット・スムーズな手続き

弁護士に依頼するメリットには、様々な手続きを代行してくれるという点もあげられます。弁護士に依頼すれば、示談交渉を代理で行ってくれるので、その手続きもスムーズに進むほか、交通事故の怪我の治療に必要となる手続きも代わりに行ってくれるので、弱っている際には大きな助けになります。

そして、そのスムーズな手続きの手助けは、治療が終わった後も続くことがあります。交通事故の怪我によって後遺症が残ってしまった場合、後遺障害等級認定の申請などといった様々な手続きをしなければならないことも多いです。

これらの煩雑な手続きを代行してもらえるという点がメリットとなります。

示談交渉の相談は弁護士へ

交通事故の被害者となった場合、その後の加害者及び加害者の加入する保険会社との示談交渉をどのように進めるかが大きな問題となります。示談交渉の代行は、弁護士に相談することが有利です。弁護士に相談すれば、交渉をスムーズに、賠償金額も多く受け取ることができる可能性が高く、そして何よりも安心して過ごすことができます。

弁護士に相談して、後悔のない交渉を実現させてください。

参考サイト…交通事故弁護士相談 > https://www.ko2jiko.com/