長崎で交通事故の相談をするなら

交通事故の被害に遭った場合には加害者に対して損害賠償を請求することができます。その手続きを進めたいときにはどこに相談したら良いのかと悩んでしまう人もいるでしょう。交通事故に関する悩みは損害賠償に限ったことではないかもしれません。

長崎で交通事故に遭ってしまったときに相談したいと思ったらどんな選択肢があるのでしょうか。

⇒福井県で交通事故に遭ったらどこに相談すべきか


交通事故の損害賠償請求なら弁護士へ

交通事故の被害に遭ってしまったときに損害賠償を請求するための相談をしたいと考えたら弁護士に依頼するのが最も良い方法です。法律のプロとして弁護士が正しい手続きで請求を進めてくれます。長崎には数多くの法律事務所や弁護士事務所があるので、その中から適切なところを探して相談を持ちかけましょう。

重要なのは専門の一つが交通事故に関わる損害賠償請求となっている事務所を選ぶことです。弁護士には専門分野が必ずあり、刑事事件に強い弁護士もいれば離婚相談を得意としている弁護士も相続対策に長けている弁護士もいます。

それ以外の分野になると知識も経験もなくて適切な対応ができない場合もあるので注意しなければなりません。交通事故の損害賠償請求に強いかどうかは事務所のホームページを見てみたり、事務所の広告などを確認してみたりするとわかります。

大きく業務内容として打ち出されているところなら信頼できる可能性が高いでしょう。実際に相談するときには電話で連絡してみるのも重要です。交通事故の損害賠償請求について相談したいという話をして、実績がどのくらいあるかも確認しておくと良いでしょう。

事務所によっては予約制になっているため、電話をして相談先として適切な様子であればその流れで予約を取りましょう。

弁護士に相談すると慰謝料が増えることが多い

弁護士に交通事故の損害賠償請求について相談するのには実は金額的なメリットがあります。通常、特に弁護士に相談しなかった場合には加害者が加入している自動車保険の保険会社の担当者との間で損害賠償についての協議が行われるのが普通です。

その場合、保険会社が金額を提示するのが一般的で、加害者が加入している保険の内容や保険会社が持っている基準によって決まります。しかし、弁護士に相談した場合には弁護士基準で損害賠償の金額を決めて弁護士から提示してもらうことが可能です。

実際に裁判などで請求された金額を参考にして決めるのが特徴で、通常は保険会社が提示するよりもかなり高い金額になります。特に金額が大きく変わるのが慰謝料です。場合によっては倍以上もの請求ができることもあるので弁護士に相談するメリットは大きいと言えるでしょう。

ただし、弁護士に依頼すると手付金や報酬金を支払わなければならないので、その兼ね合いも考えて決める必要があります。

交通事故相談所を活用しよう

長崎県では交通事故の被害に遭って悩んでいる人を助ける目的で、交通事故相談所を設けています。

交通事故に関して悩みがあったときには公的機関である交通事故相談所を活用してみるのも良い方法です。

交通事故相談所では多岐にわたる相談を受け付けています。

自賠責保険の請求の仕方や損害賠償額の計算方法、示談交渉の始め方や進め方などのように交通事故の被害に遭ってから悩みになりがちなことはなんでも相談することが可能です。

利用に費用がかからないのも特徴なので積極的に活用してみましょう。

⇒交通事故の示談交渉は弁護士に相談

交通事故相談所の使い方

長崎県の交通事故相談所では面談、電話、手紙の三種類の方法で相談することが可能です。最も単純でわかりやすいのは手紙による相談方法で、交通事故相談所の住所に相談内容について書いた手紙を送ると返事をしてもらえる仕組みになっています。

手紙が届くのにも返信するのにも時間がかかるので、早急ではない相談をするときに適している方法です。一方、電話による相談も交通事故相談所の電話番号にかけるだけで良いので簡便な方法でしょう。月曜日から金曜日の平日が受付日で、祝日と年末年始には対応していません。

朝は9時から開始し、夕方は4時まで受け付けています。面談による相談の場合には事前予約が必要になります。巡回相談のシステムになっていて、地域によって相談日が異なるので注意しましょう。相談日の二日前までに電話で予約して相談に行くことになります。

離島地区を除くと午前10時から4時の対応で、離島では3時までになっています。佐世保市であれば毎月1回の機会がありますが、他の地域では少ないと年に1回しか機会がありません。速やかに相談に応じて欲しいときには他の方法を選んだ方が良い場合も多いということは念頭に置いておく必要があります。

弁護士の電話相談も活用しよう

長崎では電話相談を受け付けている弁護士もいるので活用を考えてみましょう。弁護士には損害賠償請求を依頼する以外にも色々なアドバイスを求めることができます。交通事故相談所と同じように交通事故全般についての悩みを相談しても問題はありません。

特に法律や賠償金がかかわる内容であれば弁護士が適切な回答をしてくれるでしょう。対面での相談では相談料がかなり高くなってしまうケースが多いですが、電話相談の場合には無料で受け付けていることがよくあります。

まずは電話で様子を確認して対面で相談するかどうかを決めるのは合理的な方法でしょう。電話でどのくらいまで対応してくれるかは弁護士によって異なります。交通事故でこのような怪我を負ってしまってこのくらいの期間入院していたのだけれど慰謝料はどのくらい請求できるのかと聞いてみると、具体的に数字を答えてくれる弁護士もいます。

一方、慰謝料がいくらになるかは大まかな数字しか言わず、詳しくは事務所に来て相談してくれたときに説明するという流れにする弁護士もいるでしょう。最終的には弁護士としては依頼を受けたいのでどこまで電話で聞けるかはケースバイケースですが、情報をある程度は提供してくれるので積極的に使ってみるのが大切です。

長崎では弁護士と交通事故相談所を使おう

交通事故に遭ってしまって何か相談したいことがあるというときには長崎では弁護士と交通事故相談所を活用できます。損害賠償請求をしたいなら弁護士に相談するのが適していて、慰謝料の金額が大きくなるのが一般的です。

交通事故相談所は長崎県が運営していて、交通事故に関わる内容なら無料で相談できるので積極的に活用してみましょう。